ぶっ飛びアイアン

ぶっ飛びアイアン

近年、急速に人気が高まってきた超ストロングロフトのぶっ飛び系アイアン
その火付け役となったのが、ヤマハインプレスUD+2。2017年は、爆発的に売れました。
2〜3番手ストロングになったロフトですが、ユーティリティのような厚いソールで深く低い重心で、しっかり球が上がってくれます。
こういったアイアンに対しては、賛否両論あります。ですが、プレースタイルによっては心強い武器になりますし、ロングアイアンやミドルアイアンのみ単品入れるという組み合わせで使うことも有効でしょう。

 

ぶっ飛びアイアンが飛ぶ理由

超ストロングロフト

ぶっ飛びアイアンと言えば、超ストロングロフトですね。7番アイアンで26度前後。以前までの普通のロフトのアイアンだと5番に該当します。

超低・深重心

ロフトが立っているだけだと、「7」と表示された5番アイアンを打っているだけになってしまい、飛ぶかもしれないけど難しいだけということになってしまいます。
ユーティリティのように厚いソールにすることで、重心を低く深くすることで、高弾道でつかまりの良いアイアンとなっています。

シャフトの長尺化

ぶっ飛びアイアンはシャフトも長尺化されています。もちろん、たた長くするだけでなく、軽量化が図られたり、ヘッドとのバランスでしなり方も工夫されて打ちやすく設計されています。

 

ぶっ飛び系アイアン人気ランキング

キャロウェイ ROGUE STAR アイアン


キャロウェイ ROGUE STAR アイアン

 

キャロウェイの最新ぶっ飛びアイアン。前のEPIC STAR アイアンは、アベレージゴルファーにはやや難しいという声が多くありました。今回のROGUE STARは、重心をより低く・深くしたことでやさしく進化しました。
ただ、形状はぶっ飛びアイアンの中ではシャープ。それでも球が上がりやすくミスヒットに強くなっているのは、フェースが薄くなって反発力を上がっていることによるものです。

 

⇒ ROGUE X アイアン(USモデル2月9日発売)

⇒ ROGUE STAR アイアン(日本モデル4月発売)

 

テーラーメイドM4アイアン


テーラーメイドM4アイアンの詳細はこちら

 

ヤマハ インプレスUD+2


インプレスUD+2アイアンの詳細はこちら

 

ぶっ飛び系アイアンを多くのプレーヤーに広めたアイアン。
ロフト角は7番で26度。ソールが非常に厚く、ユーティリティアイアンと言ってもいい形状です。速い初速と高い弾道で本当に2〜3番手飛んでくれるアイアンです。

 

⇒インプレスUD+2 使用者の口コミ・評価はこちら

 

ブリヂストンJGR HF1 アイアン


JGR HF1 アイアンの詳細はこちら

 

7番アイアンで26度の超ストロングロフトと、分厚いソールで、高弾道で飛ばします。
私個人としては、このアイアンが一番飛ぶというデータが出ています。
フェースの反発力が強く、初速が本当に速いです。また反発力が高いエリアが広いので、ミスへの許容度も高いです。

 

⇒JGR HF1 使用者の口コミ・評価はこちら

 

ぶっ飛びアイアンの選び方

ぶっ飛びアイアンは、本当によく飛びます。ロフト角が2番手立っており、シャフトも長くなっていますので、当然と言えば当然です。
ただ、アイアンですので飛べばいいというわけではありません。飛んでも止まらないのであれば、そもそもアイアンを使う必要はありません、ユーティリティの方が簡単に飛びますし、ミスヒットにも強いですから。アイアンと言うからには、狙ったところに止められなければいけません。
そうなってくると、ロフトが立っていればいいと言うことではなく、自分が求めることに応じた飛距離性能とコントロール性を持ったアイアンを選ばなければなりませんね。

 

ぶっ飛びアイアン 中古

中古市場にもすでにぶっ飛びアイアンがたくさん集まってきています。
お近くのショップに狙っている商品が置いてあればいいのですが、なかなかそういうわけにもいかない場合もあります。
そういった場合には、ネットで探す方法もあります。
中古ショップ最大手のゴルフパートナーさんでは、全国にある在庫をインターネットで見ることが出来、そのまま注文することもできます。