アイアンの打ち方

アイアンの打ち方の基本

アイアンの打ち方で、基本中の基本となるが、ハンドファーストのインパクトとヘッドを返すこと。これが基本中の基本でプロや上級者は必ずそのように打っています。
ハンドレイトやヘッドを返さずにうまく打てたとしても、それは軌道がアウトサイドから入ってきていたり、体が目標方向に突っ込んでいたり、非常に不安定な状態になっているはずです。まずは覚えるべきは、ハンドファーストとヘッドを返すことです。

 

アイアンの打ち方 ハンドファースト

アイアンショットのインパクトは、ハンドファーストです。多くのアマチュアの方のインパクトは、インパクトの前にヘッドをしゃくりあげるような動きが入ります。インパクトでは、ハンドレイト気味でヘッドが上を向いたり開いたりしています。そうなると、ロフト通りの飛距離は出ませんし、ダフル原因にもなるし、スライスの原因にもなってしまいます。
ハンドファーストの作り方は、ヘッドを手で操作しようとしないことです。クラブの構造に合った自然な動きをしていれば、基本的にハンドファーストが作られるはずです。

スイングの始動

スイングの始動は、まず手(グリップ)から動き始めます。タオルのような柔らかいシャフトをイメージしてください。その先のヘッドを動かそうと思ったら、先に手を動かして、それにつれてシャフトが動いて、その後にヘッドが付いてくるはずです。普通のシャフトでスイングする時もそのイメージで始動を開始します。

切り返し

また、柔らかいシャフトをイメージして下さい。切り返しでは、まだヘッドがトップへ向かって動いている最中に、手はダウンスイング方向に動き出します。その後、ヘッドは重力に従って下に垂れながらシャフトに引っ張られてトップからダウンに向かってきます。これを普通のシャフトでもイメージしながら行ってください。自然とタメが生まれてきます。

インパクト

ここまで動きができれば、自然とハンドファーストは作られてきます。それに加えて、下でご紹介する「ヘッドを返す」ことを行えば、ハンドファーストからきれいなターフが取れるスイングになるでしょう。

 

アイアンの打ち方 ヘッドを返す

インパクトでは、ヘッドを返すのが基本中の基本です。ゴルフクラブの構造上、ヘッドを返す動きが入ってこないと、フェースに正しくヒットすることはできません。
プロゴルファーのほぼ全員がヘッドをしっかりと返してヒットしています。

ですが、ここまでヘッドを返してしまうと、左にひっかけてしまったり、強烈なフックが出てしまうと感じてしまう方がいらっしゃるかもしれません。それは、ダウンスイングでヘッドの外から入ってきているから。プロのようにインサイトの低い位置からヘッドが入ってきていれば、正しくヘッドを返すことでキレイにヒット出来て飛距離も出てくれるのです。

 

アイアンの打ち方 地面をたたく

プロや上級者のインパクトは、地面を強くたたくような感じになっています。街の練習場ではマットの上から打ちますが、「ドスンっ!」という音が響き渡ります。
これはボールの手前をしっかりと叩きに行っているのです。そんなことしたらダフるんじゃない?と思われるかもしれません。そんなことはありません。しっかりとフェースを返して行けばダフるどころか、キレイに真っ芯でとらえることが出来ます。

 

実際、アイアンのソールはダフらないような形状をしています。SRIXONのZシリーズなんかも年々進化して行っています。新しいZ585アイアンのソール形状はこんな感じです。