アイアンを飛ばす方法 飛ばない原因は?

アイアンを飛ばす方法 飛ばない原因は?

アイアンが飛ばない原因について考えてみます。

 

飛ぶアイアンスイング

アイアン ハンドファースト

まず、ゴルフのスイングの基本中の基本は、ハンドファーストです。

インパクトでフリップしない

アイアンのインパクトで、左手首が甲側に折れていませんか?これはヘッドが開く動きになって、インパクトロフトが増えてしまい弱弱しい球で飛距離が出ない原因となります。
プロのように力強い打ち出して、グングン伸びていく球を打ちたい方は、是非こちらの動画を参考にしてみてください。中井学プロの動画レッスン。動画の後半部分では、次の項目である肩の回し方についても触れられています。

肩は回さない!右肩は下げる!

肩は回すものだと思っていますよね?右肩は下げてはいけないと思っていますよね?それは間違いです。
肩を回すからひっかける、そのひっかけをさせないためにフリップする、フリップさせても飛距離を出したいから体が突っ込む・・・。まさに練習すればするほど下手を固める結果となってしまいます。
是非、この動画をみてください。私の師匠の三觜喜一プロのレッスンです。

 

自分のアイアンに合ったスイングで飛距離を伸ばそう

今のアイアンというのは、ロフトがストロング化されており、重心が低くなっているモデルが多いですよね。そういったアイアンではプロのようにダウンブローでスイングしない方がいいです。レベルに振ることで、そのアイアンの特徴を活かすことができます。

低重心アイアンで飛距離を伸ばす

重心が低いアイアンというのは、インパクトでロフト通りに球が上がりやすく、それほど激しいスピンがかからずに、飛距離が出てくれるアイアンになります。ダウンブローに打って打ち出し角を低くしてスピンをかけるようなアイアンではありません。もしあなたが低重心アイアンを使っているにもかかわらず、プロのようなダウンブローを目指しているなら、レベルに振るように練習してみてください。そのアイアンが想定しているスイング軌道で打つことで、アイアンの本当の性能を引き出して飛距離を出してあげましょう。
重心が低いアイアン

 

高重心アイアンで飛距離を伸ばす

マッスルバックアイアンやシャープな形状のキャビティアイアンをお使いの場合には、そもそも飛距離よりもコントロール性能を重視したアイアンであることを念頭に置いてください。
その上で・・・
マッスルバックのような重心が高いアイアンの場合、インパクトではギア効果でヘッドは下を向き(ロフトが立ち)打ち出し角が低くなります。そして、スピンで球が浮き上がってくるような弾道になります。
にもかかわらず、高い打ち出し角にしようとレベルにスイングしても、そのアイアンの性能を出し切ることが出来ません。しっかりダウンブローでスピンで球を浮かせるようなイメージ打ちましょう。
ただ、そういったアイアンで飛距離を出そうと思うと、速いヘッドスピードが必要になります。飛距離を出したいのか、コントロール性を重視したいのか、今一度はっきりさせてアイアンを選ぶ必要もあります。